(有)シニアネットワーク研究所 » 職場意識改善計画への取り組み
トップページ » 情報コーナー » 職場意識改善計画への取り組み

職場意識改善計画への取り組み

職場意識改善計画

有限会社シニアネットワーク研究所では職場意識改善計画を掲げ、職場環境の改善に取り組んでおります。

  1. 実施体制の整備
    (1)労働時間等設定改善委員会の設置、労使の話し合いの機会の整備
    労働時間等設定委員会を設置して労働時間、休日、休暇等について労使間の話し合いの機会を作る。
    年4回改善委員会において時間外労働の削減、年次有給の取得しやすい労働環境の整備改善について話し合う。
    (2)労働時間等に関する個々の苦情、意見及び要望を受け付けるための担当者の選任
    職場における意識を改善する為、労働者よりの労働時間、年次有給等について苦情、意見、要望を受ける担当者を委員の中より選任する。
  2. 職場意識改善のための措置
    (1)労働者に対する職場意識改善計画の周知
    労働者に対して職場意識改善計画のPRをする。社内掲示板文書回覧板で全員に配布する。
    職場意識改善計画をホームページに掲載する。
    (2)職場意識改善のための研修の実施
    各部署の役職者が労働時間等の設定の改善に向けた取組の必要性についての研修を受講する。
  3. 労働時間等の設定の改善のための措置
    (1)所定外労働削減のための措置
    時間外労働を削減する取り組みとしてノー残業デーを導入し、残業しない曜日を設定する。社内掲示板や回覧板により周知徹底を図る。

平成24年9月1日